読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界スタンプラリー旅行

今まで訪問した国の記事と、旅行に関連することの備忘録ブログ

【SAS・ロストバゲージ】コペンハーゲン国際空港で荷物がみつからない!

目次

コペンハーゲン国際空港でロストバゲージ

f:id:worldstamp:20170210175104j:image

飛行機には何百回と乗っているのですが、コペンハーゲン国際空港で人生初のロストバゲージを経験しました。

コペンハーゲンに降りたって、いつも通りターンテーブルのところで荷物を待っていると、3個のうちの1個が流れてこない。

2個は無事に受け取ることができました。

プライオリティタグが付いているのに関わらず、最後まで待っても荷物が見当たらない。

ビジネスクラス利用でも荷物がロストするということを学びました。

今回は、羽田から北京を経由してコペンハーゲンに辿り着きました。

恐らく、北京で迷子になったんだろうなと諦めて、カウンターで手続きをすることに・・・

ロストバゲージの手続き

手続きをするために窓口に行くと、銀行窓口のように整理券の発行マシーンがありました。

整理券は、スターアライアンスのゴールド会員、ビジネスクラスの利用者、エコノミークラスの利用者等のランクに分けられてます。

とりあえず、ビジネスクラスの整理券を取得。

あとから気付いたのですが、スターアライアンスのゴールド会員の方がプライオリティが高いようです。

混み合っている場合は、スターアライアンスのゴールド会員の整理券を選択したほうがよいかと。

まず、窓口の方に、航空券と荷物番号の記載されたタグを渡します。

システム上で荷物番号を検索して荷物がどこにあるか探してくれます。

我々の荷物は全くヒットしないようで、どこにあるか分かりませんでした。

係の方に24時間以内に連絡すると言われ、滞在するホテルに届けると言われました。

荷物の詳細を聞かれるので、ブランド、形状、色等を伝えました。

あとは、本当にホテルに届くのか待つのみ。

しかし、コペンハーゲンは2泊のみなので、本当にホテルに届くのか不安でした。

SAS遅延手荷物の追跡システム

下記のシステムで紛失した荷物の追跡をできます。

遅延手荷物の追跡はこちら

宅配便の荷物配達状況確認と同じように荷物番号を入力すると、どこの空港にあるか、いつ飛行機に乗せるか等の情報が分かります。

荷物番号は、荷物を預けた時に受け取ったタグに記載されています。

本当に行方不明の場合は、こちらのシステムにも表示されないようです。

我々の荷物は北京にあることが分かり、到着日の翌日の便に乗せるということまでは分かりました。

紛失した荷物の受け取り

f:id:worldstamp:20170210183424j:image

翌日に荷物が北京からの便に乗ってくると分かったものの、北京からの便は18時台の到着なので当日中にホテルに届けてくれることはないだろうなと。

次の目的地アイスランドへ出発するまでに受け取ることは不可能。

期待していなかったのですが、結局、荷物はホテルに届くことはありませんでした。

我々は、早朝にアイスランドへ行くために空港へ向かいました。

空港のスカンジナビア航空のカウンターで荷物がロストしている旨を伝えても取り合ってくれず、空港のインフォメーションに行くようにと。

インフォメーションに行くと、今度はスカンジナビア航空のカウンターで聞けとたらい回し状態。

どうしてよいのか分からず、スカンジナビア航空の職員をインフォメーションに連れて行って話をつけてもらいました。

その結果、荷物保管場に我々の荷物があるはずだから付いてくるように言われ、職員以外は立ち入れないセキュリティエリアに連れて行かれました。

到着した時に待っていた荷物のターンテーブルがある片隅の部屋に、たくさんの荷物が積まれてました。

その中から無事に荷物を見つけることができ、長い荷物の紛失騒動は解決しました。

もし滞在先に荷物が届かない場合は、空港に行って根気よく交渉してください。