世界スタンプラリー旅行

今まで訪問した国の記事と、旅行に関連することの備忘録ブログ

【フランクフルト】空港アクセス便利!トランジットで市内観光

目次

フランクフルト空港到着

f:id:worldstamp:20150930082239j:plain

羽田発1時5分の便で、フランクフルト空港に到着しました。

フランクフルト空港はヨーロッパでも最大級の空港でルフトハンザがメインのハブ空港として利用しています。

日本からの到着時刻は5時20分でアイスランド行きの飛行機は13時35分。

8時間くらいのトランジット時間でフランクフルト市内観光に行ってきます。

フランクフルト空港は市街地から9キロと近く、とても便利です。

空港から市内は電車で15分

f:id:worldstamp:20150930082246j:plain

空港と市内を結ぶドイツ国鉄のSバーンは24時間運行しています。

何時に到着しても電車で移動できるのは便利です。

時間帯により5~25分間隔で運行していて、フランクフルト中央駅まで15分くらいかかります。

日本のように改札などがないので、切符売り場を見逃さないように注意が必要です。

2月のフランクフルトの朝は暗い

f:id:worldstamp:20150930082259j:plain

こちらの光景は朝の6時30分くらいです。

嬉しい誤算だったのは、朝なのにイルミネーションが見られたこと。

日の出が遅いとさみしい気分になりますが、こんなキレイなイルミネーションがみられるのなら、冬のヨーロッパも捨てたものではないですね。

しかし、気温はマイナス2℃と、とても寒いので寒さ対策が必要です。

ユーロマークの欧州中央銀行

f:id:worldstamp:20150930082304j:plain

ニュースなどでよく見かけるユーロマーク。

ここフランクフルトにあるということで、訪れてみました。

中央駅から歩いて10分くらいです。

ユーロマークも青く光り輝いていて絵になります。

フランクフルトのオペラ座

f:id:worldstamp:20150930082309j:plain

 欧州中央銀行の隣にフランクフルトのオペラ座があります。

パリのオペラ座と比較すると、とても近代的な建物。

『Oper Frankfrut』の文字を見逃すと分からないかもしれません。

帰国後に調べたところ、『旧オペラ座』があるようですね。

そちらは、1880年に建てられていて歴史的建築物なので見ごたえがありそうです。

f:id:worldstamp:20150930082315j:plain

冬の空気は澄み切っていて、しつこいようですがイルミネーションがキレイです。

中央駅側に向かって左手がオペラ座で、右手に欧州中央銀行があります。

アイゼルナー・シュテグ 鉄の橋 

f:id:worldstamp:20150930082406j:plain

マイン川を見てみようかと偶然立ち寄った『アイゼルナー・シュテグ』。

暗闇の中で光る橋はとても厳かです。

フランクフルトのイルミネーションの中で一番のお気に入りです。

橋は歩行者専用で、ゆっくりと歩くことができ写真を撮るのにも最適です。

f:id:worldstamp:20150930082424j:plain

パリの『ポン・デ・ザール(Pont des arts)』のように、こちらの橋にも南京錠がありました。

映画の影響で、カップルが永遠の愛を誓うために南京錠で鍵を掛けるとのこと。

ヨーロッパの橋では良く見かける光景です。

橋のたもとにクルーズ船乗り場があり、マイン川を遊覧できます。

超高層ビルのマインタワー

f:id:worldstamp:20150930082516j:plain

右側にそびえたつマインタワーは、地上200mの高層ビルです。

屋上に展望台があり、フランクフルト市内を眺められます。

我々もチャレンジしたのですが、まだ時間が早く展望台は開いていませんでした。

観光のメイン『レーマー広場』

f:id:worldstamp:20150930082541j:plain

朝の8時ころ完全に夜が明けてから訪れた『レーマー広場』。

フランクフルト観光のメインではないでしょうか?

旧市庁舎の向かいに建つ木組みの建物は、中世のドイツらしい雰囲気を醸し出しております。

f:id:worldstamp:20151006214053j:plain

15世紀初めに都市貴族の3軒の館を市が買い取った『旧市庁舎』。

階段状の切妻屋根が美しく有名です。

こちらの建物がレーマーと呼ばれることから『レーマー広場』と名付けられたとのことです。

ゲーテハウスとゲーテ博物館(Goethehaus)

f:id:worldstamp:20150930082545j:plain

小さくゲーテの肖像画が掲げられている建物が『ゲーテ博物館』です。

その左隣の建物が『ゲーテハウス』。

入場料は7ユーロで、平日は10~18時まで開いています。

詳しくは、下記のホームページで確認してください。

www.goethehaus-frankfurt.de

カタリーナ教会 

f:id:worldstamp:20150930082555j:plain

ドイツを代表する文豪ゲーテが洗礼を受けたことで有名な『カタリーナ教会』。

ショッピング街の一角にひっそりと佇んでいる14世紀に建てられた教会。

メインの観光地ではないかと思うのですが、時間があれば訪れてみるのもよいかもしれません。

フランクフルトの無料Wi-Fi

f:id:worldstamp:20150930082611j:plain

SバーンとUバーンの交わる『ハウプトヴァッヘ(Hauptwache)』にあるデパートやショッピングビルで無料Wi-Fiを利用できる場所があります。

我々は、『マイツァイル(MyZeil)』の地下でWi-Fiにアクセスできました。

旅行中は、無料のWi-Fiスポットがあると便利ですね。

賞味5時間ほどのトランジット観光でしたが、メインどころはある程度回れたのではないでしょうか?

フランクフルトは観光地というよりも商業都市なので、3時間もあれば十分に回れるかと思います。

我々は、アイスランドへのトランジットで立ち寄りました。

 

worldstamp.hatenablog.com