読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界スタンプラリー旅行

今まで訪問した国の記事と、旅行に関連することの備忘録ブログ

【アイスランド・シルフラ】透明度抜群!地球の割れ目『ギャウ』でダイビング

目次

北米プレートとユーラシアプレートの裂け目

アイスランドにある『シルフラ』というギャウのダイビングスポット

今回の目的は、『シルフラ』というギャウのダイビングスポット。

アイスランドには『ギャウ』と呼ばれる北米プレートとユーラシアプレートが引っぱり合ってできた裂け目があります。

この裂け目は、現在でも1年に2~3cmほど離れていっているそうです。

『ギャウ』は、首都レイキャビークから車で1時間くらいのゴールデンサークルにある『シンクヴェトリル国立公園』で見ることができます。

地球の裂け目を肉眼で見られるのは、世界で唯一アイスランドだけ。

『シンクヴェトリル国立公園』は、世界遺産にも登録されています。

こちらには、『ギャウ』の他にも西暦930年には世界最古の議会が開かれた場所もあります。

ダイビングの予定がなくても、アイスランドの観光の目玉です。

氷点下でのダイビング

ギャウの氷河が溶けだした水は150メートルの透明度

ギャウの氷河が溶けだした水は、年間を通して2~3℃に保たれていて水中生物も存在しません。

そのため、透明度150m以上と言われています。

気温は氷点下の2月なのですが、そんなに高い透明度のダイビングスポットであれば潜らないわけにはいきません。

水温29℃のパラオでも寒くて凍えていた私ですが、無事に目的を達成することができました。

我々がお世話になったダイビングショップはこちらです。

www.dive.is

ダイビング費用は高めで、一人39,990ISK(約39,990円)でした。

ダイビングのライセンスがない方はシュノーケルでも参加できます。

レイキャビーク出発だとホテルからの送迎付きです。

レンタカーの方は現地集合も可能で、集合場所の地図等を事前にメールで送ってくれました。

迷うほどの建物はないので、集合場所はすぐに分かると思います。

指定された場所は、インフォメーションセンターのような場所でお土産物屋さんやカフェがあります。

「真冬にダイビングをする物好きはいるのだろうか?」とドキドキしながら待っていたのですが、シュノーケルの方達も含めて20人ぐらいいらっしゃいました。

ドライスーツ着用

ドライスーツに着駐車場

まずは、待ち合わせ場所で誓約書などにサインをして、バスに付いていきながら雪が積もる駐車場へ。

車で5分くらいです。

ダイビングをする場合は、着替える前にエントリーポイントまで行ってブリーフィングが行われます。

もちろん英語なのですが、とても分かりやすく話してくれます。

10分くらいのブリーフィングが終了すると、駐車場で着替えが始まります。

先程も書いたように水温29度のパラオでも寒さを感じる人間なので、かなり厚着をしておりました。

とりあえず、ウルトラダウンとフリースを着こみ、そのまま を着ようとしたところ『浮くから一枚脱ぐように』言われたほどです。

結局、ダウンは諦めて上半身はヒートテック2枚、タートルネックのセーター、フリース。

足元は雪山仕様の靴下2枚にレッグウォーマーというドライスーツを着るには厚着な暴挙にでました。

もちろん、カイロも4個くらい貼っておりました。

それでも、不安でしょうがない小心者です。

もうひとつ不安に思っていたのは、ドライスーツで潜るのが初めてであること。

初めての方は、ドライスーツでの注意点などを事前に勉強しておいたほうがよいです。

ダイビングショップからもドライスーツの着方や注意事項が送られてきました。

着ることに関しては、スタッフの方が手伝ってくれるので安心です。

寒い中、ドライスーツを着るのはなかなか困難です。

待機中は水中よりも寒い

雪に覆われたシルフラのエントリーポイント

シュノーケルの方達が初めにエントリーします。

ダイバーたちはエントリーポイントでしばらく待機です。

待機中が一番寒いので覚悟が必要かと。

貸してもらったグローブが湿っていて凍ってしまい、手が冷たくて指がちぎれそうでした。

早めに水中へ入った方が寒さはしのげるかもしれません。

そして、座るところがないので、重いタンクを背負っていると段々と辛くなってきます。

外よりも水の中のほうが温かい

シルフラのでのエントリーの様子

ダイビングの順番がきて、やっとエントリー。

この日は、本当に寒かったらしく機材が凍るので、常に水につけておくようにと。

レギュレーターの調子が悪かったのですが、スタッフの方がお湯の入ったポットを持参していてお湯をかけて溶かしてくれました。 

スタッフの方が細かく点検してくれますが、当然ながら自分でもきちんと機材の確認はしたほうがよいです。

機材が凍っていたりすると、命にかかわることがあります。

そして、なるべく早く水中に入ったほうが寒さが和らぎます。

とにかく水が冷たいので最初はパニックになるかもしれません。

しかし、水温に慣れれば難しいポイントではないので、あとはひたすら透明度の高い美しい水中の景色を楽しむばかりです。

潜水時間は約30分、最大深度は12メートルでした。

透明度の高い水中の世界

透明度の高い水中の風景

f:id:worldstamp:20150901185257j:plain

シルフラのエグジットへ向かう様子

エグジット後も困難は続く

エグジット後のアアイスバーンの帰り道

エグジットしたあと、こちらの道をひたすら歩くことになります。

寒さで体がいうことをきかない中、重いタンクを背負って雪道を歩くのは至難の業。

みなさん濡れたドライスーツで歩いて行くので、必然的に道は凍っています。

インストラクターの方が「あとで拾いにくるからタンクは置いていっていいよ」と神のことばをかけてくれました。

しかし、タンクを降ろしても駐車場までアイスバーンの道を歩くのは辛かったです。

やっとの思いで駐車場に辿り着くと温かいココアを渡され、生き返った気分になりました。

冬のダイビングは寒さに躊躇するかと思いますが、『シルフラ』は絶対に潜る価値があります。

  ■ ログ   【気温:-11℃/水温:2℃ /透明度:150m】

 

どこを撮影しても絵になるアイスランドの写真をこちらにもアップしてます。

 

worldstamp.hatenablog.com

 

worldstamp.hatenablog.com