世界スタンプラリー旅行

今まで訪問した国の記事と、旅行に関連することの備忘録ブログ

【トランジット7時間半】短い乗り換え時間でロンドン観光

目次

ヒースロー空港からロンドン市内へ移動

f:id:worldstamp:20151011174613j:plain

アイスランドからの帰国便は、ロンドン経由でした。

せっかくなので、少しロンドン観光をしようかと入国してみることにしました。

7時間半のトランジットでは、入国するにはギリギリの時間かもしれません。

しかし、事前にしっかりとスケジュールをたてていれば、有名な観光地を駆け足で巡ることは可能です。

ヒースロー空港から市内までは、スムーズに移動できたとしても、観光の目的地に到着するまで最低でも1時間はみておいた方がよいです。

我々は、まず『ビッグ・ベン』を目指すことにしました。

ヒースロー空港からロンドン市内までの移動手段としては、鉄道、地下鉄、バス、タクシーなど色々とあります。

一番早い手段としては『ヒースロー・エクスプレス』でパディントン駅まで約15分です。

早いのですが、お値段も高く、片道で1等:29ポンド(約5400円)、2等:21ポンド(約3900円)となかなかの値段がします。

急いでいる場合には、15分でロンドン市内まで行けるのは魅力的です。

我々は、地下鉄のピカデリーラインでロンドン市内まで行きました。

お値段は4ポンド(約750円)で、『ビッグ・ベン』のあるウェストミンスターまで50分くらいでした。

今回は、ロンドンでのトランジットで以下の観光地を訪れました。

  • ビッグ・ベン
  • ロンドン・アイ
  • タワー・ブリッジ
  • ロンドン塔
  • バッキンガム宮殿
  • グリーン・パーク
  • ウェリントン・アーチ

ロンドンの観光地といえば『ビッグ・ベン 』

f:id:worldstamp:20151011174551j:plain

ロンドンの観光名所として真っ先に思い浮かぶのは『ビッグ・ベン』ではないでしょうか。

入国してからピカデリーラインとサークルラインを乗り継いで1時間ぐらいでした。

意外に早く辿り着けた気がします。

やはり、ヨーロッパ屈指の観光地だけあり、歩道から人で溢れんばかりの殺人的な混み具合でした。

とにかく、歩くだけでも大変なのでビックベンの写真をそそくさと撮り、テムズ川から離れることにしました。

www.parliament.uk

ロンドン名物『赤い2階建てバス』

f:id:worldstamp:20151011174642j:plain

ロンドン名物の『赤い2階建てバス』。

地下鉄の1日乗車券があれば、2階の一番前でボーっとバスに乗っているのも楽しいです。

1日乗車券がなくても、バス停に自動販売機があるので乗る前に乗車券の購入は可能です。

しかし、おつりがでないので小銭を用意しておく必要があります。

テムズ川沿いにある『ロンドン・アイ』

f:id:worldstamp:20151011174602j:plain

テムズ川沿いにある、かつて世界最大であった観覧車『ロンドン・アイ』。

『ビッグ・ベン』のはす向かいにあります。

空いていれば乗ってみようかと思っていたのですが、相当な人ごみで近寄るのにも時間が掛りそうということで今回はパスしました。

ちなみに、出来た当初に一度乗ったことがあります。

1周30分くらいで、チケットはオンラインで予約できます。

ファストトラックも用意されていて、時間がない方には便利です。

www.londoneye.com

跳開式の可動橋『タワー・ブリッジ 』

f:id:worldstamp:20151011174627j:plain

『タワー・ブリッジ』は、真ん中が持ちあがって開く跳ね橋として有名です。

現在は、開くことはないのかと思いきや1か月に数回開くらしいです。

開閉時間は以下のサイトで確認できます。

Bridge Lift Times - Tower Bridge Exhibition

そして、『タワー・ブリッジ』には、地上42メートルの地点に展望台もあります。

展望台には、全長が11メートルあるガラス張りの遊歩道があり、テムズ川を覗くことができます。

高所恐怖症の私には歩くことのできない世界です。

展望台へは、いつも人が並んでいる光景を見かけないので、スムーズに入場できるイメージです。

Tower Bridge Exhibition

イギリスの世界遺産『ロンドン塔』

f:id:worldstamp:20151011174702j:plain

意外にもロンドン市内の世界遺産は4つしかないです。

その世界遺産のひとつである『ロンドン塔』。

以前、中に入ったことがあるので、今回は写真のみ。

ロンドンの物価は高く、入場料も高いです。

こちらの入場料は、『24.5ポンド(約4500円)』です。

www.hrp.org.uk

オンラインで予約すると、1.4ポンド安くなるようです。

チケット購入のために並ばなくてもよいので、オンラインで予約するほうがお得ですね。

衛兵交代で有名な『バッキンガム宮殿』

f:id:worldstamp:20151011174708j:plain

エリザベス女王がスコットランドに滞在する夏の間のみ、バッキンガム宮殿の中に入ることができます。

毎年日程は変わるようですが、8月~9月下旬までの約2カ月間ぐらいです。

チケットはとても人気があるので、早めに予約すること必須ですね。

ロンドンを初めて訪れた時に、私も内部を見学したことがあります。

普段見られない場所なので、貴重な体験でした。

www.royalcollection.org.uk

4月から7月の間は毎日11時30分から衛兵交代が行われます。

その他の月は2日に1回なので、スケジュールを確認する必要があります。

www.royalcollection.org.uk

グリーンパーク

f:id:worldstamp:20151012080041j:plain

『バッキンガム宮殿』の写真を撮ることができたので、ヒースロー空港に戻ることにしました。

一番近いピカデリーラインの駅は、『グリーンパーク(Green Park)』と『ハイドパークコーナー(Hyde Park Corner)』です。

『Hyde Park Corner』の方が若干近そうだったので、グリーンパークを横目に駅を目指しました。

ウェリントン・アーチ

f:id:worldstamp:20151011174714j:plain

『バッキンガム宮殿』から『Hyde Park Corner』へ向かう途中にあった『ウェリントン・アーチ』。

こちらは、ナポレオンとの戦争でのイギリスの勝利をたたえた凱旋門です。

気付かなかったのですが、上に登ることもできるようです。

写真で見ると、登っている人達が数人いますね。

『ハイドパークコーナー(Hyde Park Corner)』からヒースロー空港へ

f:id:worldstamp:20151011174722j:plain

Tシャツなどにもなっているぐらい有名な地下鉄のロゴ。

私が、初めて訪れた外国の都市はロンドンです。

ということで、ロンドンには思い入れがあり、10回以上訪れています。

しかし、今回の訪問は10年ぶりくらいで、ガイドブックを持たないで巡るには色々なことを忘れていました。

事前に調査をしていれば、少ない時間であっても、もう少し効率的に回れるかと思います。