読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界スタンプラリー旅行

今まで訪問した国の記事と、旅行に関連することの備忘録ブログ

透明度抜群!ユカタン半島の洞窟セノーテでダイビング【メキシコ・カンクン】

セノーテとは

最近、テレビ等のメディアでも良く目にするユカタン半島のセノーテ。

セノーテとは、メキシコのユカタン半島の石灰岩地帯にて、陥没した個所に雨水などが溜まり形成している天然の井戸、泉のこと。

そして、大規模な鍾乳洞が水没している。

セノーテは、淡水だが一部海水と混ざっている個所があり、そこの透明度は0m。

視界がモヤモヤしているけど、これもまた幻想的。

その他の場所は、透明度100m以上らしい。

f:id:worldstamp:20110504230427j:plain

チャックモールにてダイビング

今回、潜ったチャックモール。
水中なのに、全く水を感じない透明度。

インストラクターの方曰く、100m以上測る場所がないから100mと言っているだけで、恐らく正確に測ったら透明度は100m以上とのこと。

実際に潜ってみると、透明度の高さを実感することができる。

入り口では、上から差し込む光のカーテンが見事であり、自然が作り出す絶景を堪能できる。

f:id:worldstamp:20110504091422j:plain

奥に進んでいくと、光が射し込まないのでライトに頼るしかなく、ひたすら暗い中を突き進んでいく感じ。

光のカーテンばかりに気をとられ満足してしまうけど、奥に進むと水の中で鍾乳石が見られ、こちらもとても神秘的。

f:id:worldstamp:20110505000327j:plain

途中、岩壁に化石などもあり、とても興味深い。
暗いので、ライトで照らすだけだと全体像はなかなかうまく撮れないけど、これだけ近いと結構綺麗に撮れたな、と。

f:id:worldstamp:20110505012542j:plain

ケーブダイビングは初めてなので、ずっと緊張していて、周りを見ずにライトの光だけを追いかけていて残念です。

ケーブダイビングうんぬん言う前に、ダイビング自体もライセンス取得後、潜るのはカンクンが初なのですが・・・前日にコスメル島には潜っているけど。

なので、グループの最後尾で潜り、すぐ後ろにインストラクターさんがついてくださり、色々サポートして頂きました。感謝です。

特典航空券でカンクンへ

カンクンまでの航空券は、特典航空券なので無料。

しかも、ユナイテッド航空利用なので、サーチャージも無料。

GWのピーク時でも、カンクンまでの特典航空券予約は予約初日に経由地を選ばなければ、比較的とれるのではないかと。

アメリカの各都市でトランジットが必要なので、行き方が結構あり予約がとれる可能性が上がるのか、と勝手に思ってます。

ちなみに、今回は行きがロス経由、帰りがシカゴ経由。

カンクン在住の方に聞いたところ、ヒューストン経由がメジャー路線のようだけど、ヒューストン経由は取れなかった。

カンクンのダイビングショップ

今回、お世話になったダイビングショップは、Queen Angelさん。

先ほど、書いたとおりダイビングライセンス取得後、初めてのファンダイビングなので断られるかとドキドキしましたが、快く引き受けて頂きました。

料金:US200$

以下の料金が含まれています。

カンクン~セノーテ送迎、2ダイビング、器材とウェットスーツレンタル、セノーテ入園料、ランチ

セブ島でダイビングライセンス取得

 カンクンへの旅行を考えている方がいらっしゃったら、参考までに。

ダイビングのライセンスを持っていなくても、シュノーケルでセノーテは楽しめるようです。

私自身は、ライセンスを持っていなかったのですが、出発の半年前にセブ島で取得しました。

セブ島は、航空券など全て込みで8万円程度で取得できます。

これは、とても安く旅行としても楽しめるので、お得です。

本当にライセンスを取得して良かったな、と心の底から思っています。

そして、カンクンはセノーテだけではなく、カリブ海もとても綺麗でダイビングポイントが豊富なので、ライセンスを取得する価値ありです。

もしくは、カンクン現地で取得するというプランもありかもしれないですね。