読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界スタンプラリー旅行

今まで訪問した国の記事と、旅行に関連することの備忘録ブログ

ポルトガルを代表する古都のひとつ、世界遺産の都市ポルト【ポルトガル】

ポルトとは

ポルトは、ポルトガル北部の港湾都市、かつ、ポルトガル第二の都市。

歴史地区が世界遺産に登録されており、ジブリ映画『魔女の宅急便』のモデルになった都市だとか。

私は、行った後に知ったので少し損をした気分。

そして、『ポート(ポルト)ワイン』も一度は聞いたことがあるのではないかな。

甘くて、とてもアルコール度数の高いワインです。

f:id:worldstamp:20071229195752j:plain

 クレリゴス教会

 年末のポルトは雨季とのことでしたが、雨は降りませんでした。

しかし、どの写真も空が曇っていて残念。

以前、来た時も2月だったので湿度が高く、洗濯物が乾かなくて苦労した記憶が。

f:id:worldstamp:20071229204255j:plain

 こちらは、クレリゴスの塔の上からの写真。晴れていれば、屋根の赤い瓦と青い空が鮮やかで綺麗だっただろうな、と。

しかし、天気が悪くても充分に見ごたえがあります。

  ワイナリーとラベーロ船

私は、ワインは大好きですが、この甘くてアルコールの強い『ポートワイン』は苦手の部類に入るかな。

ワインというよりブランデーに近い感じですね。

お好きな方は、ドウロ川沿いに並ぶワイナリーに行けば、試飲できます。

苦手と言いながら、『サンデマン』のワイナリーにちゃっかりと行きましたけど。

f:id:worldstamp:20071229232018j:plain

ワイナリー前のドウロ川に、昔、ポートワインを運搬したラベーロ船が停泊していました。

何かでラベーロ船のレースが行われると見た記憶があるのですが、見てみたいです。

意外に帆が鮮やかな色だった記憶が・・・あいまいです。

 ドン・ルイス1世橋

f:id:worldstamp:20071229222322j:plain

一番目の写真とは逆サイドから撮影。

ポルトを思い出すとき、「あの橋があった街ね」ということを最初に思い出すぐらい、私の中で『ドン・ルイス1世橋』はポルトの象徴です。
どこから撮影しても絵になる橋だな、と感心してしまいます。

この橋は、2段になっていて上段が歩行者とメトロ、下段が歩行者と車が渡れるようになっていて、歩いて渡れるのですが、高所恐怖症の私はなかなかの大騒ぎでした。

最後に

我々はポルトでは1泊のみですが、朝9時前にはポルトに到着していたので、メジャーなところは1日で充分まわれました。

リスボンからも日帰りでも楽しめるのではないでしょうか。

そして、やはり他のヨーロッパの国より、冬は温かいです。

ということは、夏は猛暑ですかね。

とにかく、ポルトは、お気に入りの街の一つです。

 

 

worldstamp.hatenablog.com

 

 

A23 地球の歩き方 ポルトガル 2013~2014 (ガイドブック)

A23 地球の歩き方 ポルトガル 2013~2014 (ガイドブック)