世界スタンプラリー旅行

今まで訪問した国の記事と、旅行に関連することの備忘録ブログ

【HOTEL J】スリランカ初日は空港近くのリゾート『ネゴンボ』宿泊

目次

バンダラナイケ国際空港の電気街

f:id:worldstamp:20151125201927j:plain

バンコクでのトランジット観光も無事に終わり、たどり着いたスリランカ。

入国後、なぜか到着フロアに広がる電気街。

ここで、さて洗濯機でもって思う人がいるのかしら?

それとも、ここも免税価格だったりして?

いやいや、それにしても入国してすぐ洗濯機でもとはならないでしょう。

なんだか不思議な国に降り立ちました。

到着ロビーはこじんまりしていて、ツアー会社の人達がずらりとお迎えしてくれました。

現地通貨に関して、我々は両替ではなくATM派です。

アジアの小さな国だとATMを見つけられるか不安になるのですが、今までに見つけられなかったことはないです。

スリランカの空港にも無事にATMがありました。

空港出口からは見えづらい場所にありますが、案内表示もあるのですぐに見つけられると思います。

『HOTEL J』の部屋

f:id:worldstamp:20151125201936j:plain

空港に到着したのは深夜0時。

この日から専用車での移動になるので、ドライバーさんがお迎えに来てくれました。

いつもは、空港からの移動手段を考えなくてはいけないのですが、チャーターって楽ちんですわ。

夜も遅く、翌日の出発も早いので、初日のホテルにはあまりこだわりませんでした。

空港と海に近いネゴンボというリゾート地で1万円以下で探していたところ、候補はとても少なかったです。

その中でも、新しくキレイな感じがしたので『HOTEL J』を予約しました。

『ネゴンボ』はコロンボより空港に近く、ツアーなどでも到着初日に宿泊することが多いようです。

『HOTEL J』は、まずスタッフの方たちがとても親切でした。

お部屋は必要最低限のものが揃っているだけですが、8時間くらいの滞在なので十分でした。

冷蔵庫、ポット、アメニティなどはないので、数日滞在する場合は不便を感じるかもしれません。

『HOTEL J』の朝食

f:id:worldstamp:20151125201952j:plain

朝食は、アメリカンかローカルの選択式でした。

我々はアメリカン・ブレックファストを選択したので、フルーツ、シリアル、パン、卵料理。

朝からこんなに食べきれないなと思うぐらいボリュームがありました。

料理がすべて出てくるまでに時間がかかります。

朝食後、ビーチ沿いを散歩しようと思っていたのですが、思った以上に時間がかかり駆け足になってしまいました。

余裕を持って食べにいくことをおススメします。

『HOTEL J』からの風景

f:id:worldstamp:20151125201956j:plain

朝食後に慌ただしく、周辺を散策。

小さいながら、ホテルにはプールがあります。

ビーチと言っても、『白い砂浜で海がキレイ』とは程遠いです。

しかし、個人的には海を見るとテンションがあがるので万事OK。

この日は、荒れた印象でしたが普段は穏やかなのかは不明です。

出発時間が迫っていて10分ほどの散策でしたが、十分な感じです。

⇒『HOTEL J』の予約と空室確認はこちらからどうぞ

アヌラーダプラのランチ

f:id:worldstamp:20151125202001j:plain

朝8時にネゴンボを出発し、11時30分頃『アヌラーダプラ』に到着しました。

昨夜、遅くに到着したのもあり、道中はずっと寝ていました。

観光の前に昼食ということで、ドライバーさんに必然的に連れてこられたレストラン『THE GRAND』。

レストランは2階にあり、ナワーラ・ウェワ湖が遠くに見えます。

メニューは、カレーなどのビュッフェ形式をすすめられたのですが、暑すぎで食欲がわかずアラカルトのフライド・ヌードルを注文しました。

正直、あまり期待していなかったのですが、ビーフンの炒め物という感じで日本人好みの味付けでした。

それにしても、空調がない中での食事は、結構きつかったです。

世界遺産のアヌラーダプラの様子は、後日書きます。

想像以上に絶景三昧だったスリランカの写真をこちら▼にもアップしています。

Sri Lanka | Bark Twice - Photograph

 

worldstamp.hatenablog.com