世界スタンプラリー旅行

今まで訪問した国の記事と、旅行に関連することの備忘録ブログ

【スリランカ7日間】短い日程で6つの世界遺産を巡る旅

目次

スリランカ旅行計画

f:id:worldstamp:20151108205358j:plain

『スリランカに行く』と言うと、『またマニアックな国に』と言われます。

スリランカ・・・マニアックなんだろうか?

しかし、私の行ってみたい国ランキングでは長年上位を占めていた国。

やっと念願かなって、7日間の周遊で訪れることになりました。

スリランカに行く前は、インドが近いこともありインドのような国だろうと。

以前、インドへ行った時に色々と面倒な思いをしたので今回もある程度の覚悟はしていました。

しかし、容姿が似ている人が住んではいますが、こんなに近いのにインドとは全く異なる印象でした。

もちろん、好印象です。

まず、スリランカがキレイなことに驚きました。

ゴミが全くないとは言いませんが、道端がごみで溢れているなんてことはありません。

そして、値段交渉なども面倒そうだなと思っていたのですが、スリランカ人は全般的にとても良心的です。

だまされるなどの心配はいりません(なかにはおかしな人もいるかもしれませんが・・・)。

久しぶりに素晴らしい国と出会えた旅行でした。

スリランカ個人旅行費用

そんなスリランカへは日本からスリランカ航空の直行便があります。

しかし、我々は直行便ではなくスターアライアンスの航空会社を利用したかったので、一番安かったタイ航空を利用しました。

その他にも、シンガポール経由や香港経由などがあるそうです。

航空券代

搭乗日

便名 区間 出発 到着 金額/人
2015/09/13 TG683 羽田 バンコク 10:35 15:05 ¥110,020
2015/09/13 TG307 バンコク コロンボ 22:10 00:01(+1)
2015/09/19 TG308 コロンボ バンコク 01:20 06:15
2015/09/19 TG6109 バンコク 羽田 10:25 18:45

チャーター車でスリランカ周遊

 当初、我々は列車で回ってみようかと思ったのですが、思うようにスケジュールがたてられず、全行程をチャーター車で移動することにしました。

いくつかの旅行会社に見積もりをお願いし、一番回答が早く安いところにお願いしました。

無理な旅程なのかと思いつつ、行きたい箇所を全て伝えたところ、とても理想的なプランをたてて頂きました。
本当に対応が素晴らしくお願いしてよかったなと思っています。

7日間のチャーター料金は以下になります。

■英語ドライバー/ガイドなし:75,500円

お世話になった旅行会社は イー・ツアーズさんです。

スリランカの旅行日程

1日目 バンコク観光~コロンボ到着~ネゴンホへ移動 ネゴンホ泊
2日目 ネゴンホ~アヌラーダプラ観光~シギリヤへ移動 シギリヤ泊
3日目 シギリヤロック観光~ポロンナルワ観光 ポロンナルワ泊
4日目 ダンブッラ観光~キャンディ観光 キャンディ泊
5日目 キャンディ~ピナルワ観光~ガルへ移動 ゴール泊
6日目 ゴール観光~コロンボ観光 機中泊
7日目 日本帰国(バンコク経由) -

 

こちらの記事では、スリランカ旅行のダイジェストを書きます。

後日、訪れた観光地毎の詳しい記事を書いていこうと思っています。

1日目:バンコク観光(トランジット)

f:id:worldstamp:20151108205259j:plain

バンコクのトランジットは7時間。

久しぶりのバンコクだったので、入国することにしました。

タイの入国に1時間半かかった様子は、こちら▼の記事に書いております。

worldstamp.hatenablog.com

 

時間がない中、『ワット・ポー』を訪れ、チャオプラヤー川を船で移動して観光してきました。

『ワット・ポー』への移動方法など観光した様子は、こちら▼の記事に書いております。

worldstamp.hatenablog.com

 スリランカ到着から初日のホテルの様子は、こちら▼の記事に書いております。

 初日は、空港近くのリゾート地『ネゴンボ』に宿泊しました。

worldstamp.hatenablog.com

 

2日目:アヌラーダプラ観光

f:id:worldstamp:20151108205307j:plain

初日の宿泊先『ネゴンボ』からスリランカの古都『アヌラーダプラ』まで5時間近く車に乗って辿り着きました。

この旅行中、一番長い距離を移動しました。

アヌラーダプラ半日観光の様子は、こちら▼の記事に書いております。 

worldstamp.hatenablog.com

 

この日は、アヌラーダプラから移動して『ホテル シギリヤ』に宿泊しました。

世界遺産『シギリヤ・ロック』をプールから眺められるホテルです。

『ホテル シギリヤ』に宿泊した様子は、こちら▼の記事に書いております。 

worldstamp.hatenablog.com

 

3日目:シーギリヤロック観光・ポロンナルワ観光

シーギリヤ・ロック

f:id:worldstamp:20151108205312j:plain

スリランカ観光で一番のみどころと言っても過言ではない『シーギリヤ・ロック』。

こちらの岩の上に登ることができ、素晴らしい景色を眺められます。

『シーギリヤ・ロック』に登った様子は、こちら▼の記事に書いております。

 

worldstamp.hatenablog.com

ポロンナルワ

f:id:worldstamp:20151108205318j:plain

アヌーラダプラから遷都した『ポロンナルワ』。

南インドとの争いで遺跡が崩れていたりするのが少し残念ですが、世界遺産になっており見ごたえありです。

『ポロンナルワ』の観光の様子は、こちら▼の記事に書いております。

 

worldstamp.hatenablog.com

 

ポロンナルワで宿泊した『ザ・レイク・ハウス』。

こちらのホテルは湖畔にあり湖に沈む夕日がとてもキレイです。

宿泊した時の様子は、こちら▼の記事に書いております。

 

worldstamp.hatenablog.com

 

4日目:ダンブッラ観光・キャンディ観光

ダンブッランの石窟寺院

f:id:worldstamp:20151108205323j:plain

『ダンブッラ』にあるユネスコの世界遺産『黄金寺院』。

こちらは、スリランカ最大の石窟寺院で、洞窟のひとつひとつが見ごたえがあります。

シギリヤロックには及びませんが、こちらも高いところにあるので坂道を登っていかなければなりません。

ダンブッラの石窟寺院を観光した様子は、こちら▼の記事に書いております。

 

worldstamp.hatenablog.com

 

キャンディ

f:id:worldstamp:20151108205332j:plain

スリランカ第二の都市『キャンディ』。

歴史深いキャンディの文化財は世界遺産に登録されています。

夕暮れ時に辿り着き、この旅一番の夕焼けを見ることができました。

キャンディアンダンスを観賞した様子は、こちら▼の記事に書いております。

 

worldstamp.hatenablog.com

 

キャンディのみどころの一つである『仏歯寺』を訪れた様子は、こちら▼の記事に書いております。

 

worldstamp.hatenablog.com

 キャンディで滞在した5つ星ホテル『アールズ・リージェンシー・ホテル』の様子は、こちら▼の記事に書いております。

 

worldstamp.hatenablog.com

5日目:ピナラワ象の孤児院

f:id:worldstamp:20151108205346j:plain

象の水浴び風景は圧巻です。

他にも子象にミルクを与えることができたりします。

象の孤児院を訪れた様子は、こちら▼の記事に書いております。

 

worldstamp.hatenablog.com

 

スリランカの有名な建築家「ジェフリー・バワ」。

彼が建設した「ジェットウィング ライトハウス」を訪れた様子は、こちら▼の記事に書いております。

 

worldstamp.hatenablog.com

 

6日目:ゴール観光・コロンボ観光

f:id:worldstamp:20151108205353j:plain

日程的に無理があるのかと思った『ゴール』ですが、旅行会社に問い合わせたところ訪れるのは可能ということで旅程に組み込んで頂きました。

城塞都市で旧市街と要塞が世界遺産に登録されています。

ゴール観光の様子は、こちら▼の記事に書いております。 

worldstamp.hatenablog.com

 

f:id:worldstamp:20151108205408j:plain

首都の『コロンボ』観光は最終日の数時間になってしまったのですが、あまり観光するところもないようで他の都市に時間を割いて正解でした。

夜のコロンボを足早に見て回ったのみです。

7日目:日本帰国

f:id:worldstamp:20151108205404j:plain

バンコク経由で日本へ帰国。

7日間毎日移動して疲れましたが、とても充実した旅行でした。

スリランカは想像以上に素晴らしい国でした。

後日、細かく記事にしていこうと思います。

スリランカの写真はこちらのサイトにアップしています。