読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界スタンプラリー旅行

今まで訪問した国の記事と、旅行に関連することの備忘録ブログ

世界一有名なニューヨーク、タイムズスクエアのカウントダウン【アメリカ】

2009~2010年のタイムズスクエアのカウントダウン

もうそろそろ、カウントダウンの季節だな、と。

2009-2010年の過酷だった、NYタイムズスクエアのカウントダウンの模様です。

あまりにも過酷だったので、次に行く機会があれば迷わずにタイムズスクエアを見下ろせるホテルに泊まろうか、と思います。

f:id:worldstamp:20100101075633j:plain

 カウントダウン準備編

どんな理由であれ、一度タイムズスクエアから出ると二度と戻ることができない。

もちろん、ちょっとトイレになんてこともできません。

ということで、朝から万全のトイレ対策をしました。

朝起きてからあまり水分をとらず、午前11時ごろ食事を済ませ、その時にとったのが最後の水分です。

服装も前日に買いこんできたものもプラスして、下は分厚いタイツにスキニーパンツをはき、ロングブーツで武装。

上半身はカイロを貼りつつ、ロングの分厚いカーディガンを着て、ひざ丈のダウンで出陣。

結果から言うと、寒さを感じることはなかったです。

最後のほうに雨が降ってきたぐらいなので、例年より温かかったのではないかと。

雨が降るとは思ってなかったのですが、寒さ対策にもなるかとベトナムで買った使い捨てにできるポンチョのカッパを持って行ったのは大正解でした。

雨にぬれることなく、最後まで過ごせました。

カウントダウン入場編

f:id:worldstamp:20100101044333j:plain

 やはり、午前中に到着しないと電光掲示板前などの人気エリアには入れないようです。

一度、入ったら最後まで出られないので、我々は15時過ぎくらいに43-44丁目エリアに迷い込みました。

ライオンキングの劇場ミンスコフ・シアターがあるあたりです。

入る時にボディチェックされます。

我々は何も持ち込めないと聞いていたので、貴重品意外は持っていかず何事もなく無事に入ることができました。

しかし、みなさん色々な物を持ち込んでいることにビックリ。

一番うらやましかったのは、折りたたみの椅子です。

長い時間待たないといけないので、椅子はあると便利です。

f:id:worldstamp:20100101050520j:plain

こちらに、色々なFAQが書いてあり、とても参考になります。

カウントダウンFAQ:Times Square Alliance : New Year's Eve FAQ

 カウントダウンまで

18時からのイベントが始まるまで、特に何もすることはありません。

最初は物珍しくて写真を撮ったりしてましたが、それにも飽きたらあとはひたすら時間が経つのを待つ感じですね。

18時になってもイベントは毎時15分間くらいなので、残りの45分間はまたひたすら待つのみです。

f:id:worldstamp:20100101064125j:plain

 そして、18時59分から1時間毎に、新年を迎える他の都市のカウントダウンも始まります。

うろ覚えですが、ロンドン、リオデジャネイロなどの新年を祝った記憶があります。

毎時、どこかの都市のカウントダウンをするので、本当に12時を迎えるころには疲労のせいで「またか・・・」って感じの気分になっていたりします。私だけかな。

そして、この年、最後のショーはジェニファー・ロペスでした。

全身タイツのような衣装で女豹ポーズをとっていたのが印象的です。

f:id:worldstamp:20100101075654j:plain

 カウントダウン

23時59分から、カウントダウンが始まり、あの有名なクリスタルボールが1分かけておりてきます。

やはり、この時ばかりはドキドキしながら見守っていました。

そして、0時になると花火があがり、紙吹雪が舞います。

残念ながら、写真は花火の煙で白くなっているものしかなくアップロードできないのですが・・・

カウントダウン自体は、恐らく一瞬の出来事です。

我々は、歩ける距離のところに泊まっていたのですが、地下鉄が動いていたので地下鉄で帰りました。

 

とりあえず、色々なことを我慢、我慢、我慢で新年を迎えるのも良い経験をしたな、と。

しかし、最初にも書いたように、次回はタイムズスクエアを見下ろせるホテルに泊まろう、と思っているのは確かですけど。