読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界スタンプラリー旅行

今まで訪問した国の記事と、旅行に関連することの備忘録ブログ

【インド世界遺産】デリー発チャーター車で日帰りタージマハル観光

インド デリー アゴラ 日帰り 世界遺産

目次

デリーからアグラへ日帰り旅行

デリーからタージマハルのあるアグラへ。

当初1泊するべきか迷ったのですが、チャーター車で日帰りツアーに申し込みました。

日帰りのメリットは、荷物を持たずに移動ができること。

デメリットは、移動に往復10時間くらいかかること。

ちなみに、現在はデリー~アグラの高速道路が完成しているとのことです。

高速道路利用だと片道3時間半くらいだとか。うらやましい。

f:id:worldstamp:20150720102915j:plain

我々がアグラに向かった日は、デリー近郊で大規模な停電が発生してました。

電車も停止していた影響なのか、道路がいつもより混んでいるとガイドさんが言ってました。

でも、日本人には衝撃的な光景を多々見ることができて楽しかったです。

タージマハルの入り口

f:id:worldstamp:20150720102929j:plain

大渋滞に巻き込まれながら、デリーを出発してから5時間後ぐらいに辿り着いたタージマハル。

やっと辿りついたのですが、茶色の建物しか見えない。

どこにあるのかな?とワクワクしながら進みます。

f:id:worldstamp:20150720103004j:plain

おぉ、念願のタージマハル!素晴らしいシンメトリー。

やはり、肉眼で見ると大迫力です。

今までに見た建造物の中で1、2を争う素晴らしさです。

f:id:worldstamp:20150720103020j:plain

残念なことにタージマハル観光の途中から大雨が降ってきました。

晴天のタージマハルを見たかったな、という気持ちもあるのですが良いこともチラホラ。

まずは、足が熱くない。

タージマハルは裸足で観光しないといけないのですが、前半は天気が良かったので足の裏が熱くて歩けなませんでした。

そして、観光客が減るのも快適です。

f:id:worldstamp:20150720103049j:plain

雨宿りをしているとインド人の家族に『写真を撮ってくれ』と頼まれました。

『いいよ~』とカメラを受け取ろうとしたところ、『違う、違う、一緒に写真を撮りたい』と。

『えっ?我々と?』という感じだったのですが、その後も違う観光地でも『写真を撮らせてくれ』攻撃に結構あいました。

面白いことに女性だからとかでもなく、男性も声を掛けられていました。

日本人が珍しいんですかね・・・?

 豪雨のアグラ

f:id:worldstamp:20150720103058j:plain

日本だと都市が機能しないレベルの浸水状態。

子供達は楽しそうに水遊びしてました。

赤いアグラ城

f:id:worldstamp:20150720103109j:plain

白のタージマハルと対照的な赤茶色のアグラ城。

赤い色は皇帝の権力の象徴だったようです。

タージマハルを建てた皇帝も暮らしていた城です。

f:id:worldstamp:20150720103137j:plain

中は白い大理石で造られていてキレイに整えられた庭園もあり、とても広いです。

じっくり観光したい方は、2~3時間くらいかかるかもしれません。

我々は、サクっと見て回りましたが大満足です。

対岸のタージマハル

f:id:worldstamp:20150720103141j:plain

アグラ城の観光ポイントのひとつに対岸のタージマハルを眺めることができることです。

この日は、雨が降っていたので霧に覆われているような眺めでした。

これはこれで幻想的な写真かと満足してます。

f:id:worldstamp:20150720103150j:plain

城壁からの眺めはどこから見ても素晴らしい。

晴れ渡っていたら、もう少し遠くまで見渡せたのかな。

アグラの2大世界遺産は、本当に見ごたえのある建造物でした。

 

このあと大理石のお土産屋さんに寄りデリーに戻りました。

帰りは渋滞に巻き込まれることもなく順調でした。

しかし、日が暮れて暗い中、逆走してくる車もあるのにすごいスピードで走るのは怖かったです。

アグラは、タージマハルとアグラ城のみなのでデリーからの日帰りで充分かと思いました。

 

worldstamp.hatenablog.com