世界スタンプラリー旅行

今まで訪問した国の記事と、旅行に関連することの備忘録ブログ

フランスの人気観光地のひとつサン・マロ~城壁の上を歩いてみる【フランス・ブルターニュ】

サン・マロに到着

f:id:worldstamp:20140505170036j:plain

レンヌから車で1時間強くらいで辿りついたサン・マロ。

サン・マロは城壁で囲まれた街で、フランスのブルターニュ地方では最大の観光地です。

モン・サン-ミッシェルに行く際には、是非立ち寄ることをおススメします。

サン・マロとモン・サン・ミッシェル間はバスも走っており、車だと1時間もかからないです。

個人的には、モン・サン‐ミッシェルよりサン・マロの方が好きです。

レンヌでレンタカーを借りた時の記事はこちら↓です。

worldstamp.hatenablog.com

旧市街の城壁に登ってみる

f:id:worldstamp:20140505170617j:plain

城壁沿いに数ヵ所、上に登れるスロープや階段があります。

そこを登って行くと、遊歩道があり旧市街を一周できます。

f:id:worldstamp:20140505172020j:plain

城壁の上は、人とすれ違える程度の遊歩道が続いていて、イギリス海峡の海を見渡すことができます。

f:id:worldstamp:20140505170815j:plain

振り返ると城塞らしき風景。見張り台のようなところは、位置的に現市役所だと思います。

今は、かなり干潮で建物がむき出しになっている感じですね。

f:id:worldstamp:20140505171408j:plain

イギリス海峡を眺めながら進んで行くと、鮮やかなオレンジの扉を発見。

扉は開かないのですが、扉がない入り口から上に登ることができます。

上はテラスのようになっていて、プチ・べ島やグラン・べ島を見渡せます。

プチ・べ島

f:id:worldstamp:20140505172806j:plain

プチ・べ島へは、干潮の際に歩いて渡ることができるようです。

我々は渡らなかったのですが、このエリアは「干満の差がヨーロッパ最大」と言われているそう。

20~30分くらいでも激しく状況が変化するので、渡る際は潮の満ち引きに注意が必要とのこと。

名前の通り、とても小さな島。右側がグラン・べ島。

グラン・べ島

f:id:worldstamp:20140505171844j:plain

手前にある大きな島がグラン・べ島。奥に小さく見えるのが、先程のプチ・べ島。

風が強くて雲の流れが速くて空がキレイ。なかなか良い景色。

グラン・べ島には、サン・マロ生まれの政治家で作家のシャトーブリアンのお墓があります。

もうすでに、潮が満ちて渡れる道がなくなってしまいました。

f:id:worldstamp:20140505172454j:plain

城壁に望遠鏡が備え付けられていて、晴れていればイギリスが見えたりするのかな?

海に向かって配置された大砲

f:id:worldstamp:20140505172950j:plain

その昔、城塞であったことを思い出させる大砲を発見。

現在は、単なるレプリカでしょうが、なかなか迫力あり。

大型客船発見

f:id:worldstamp:20140505172916j:plain

サン・マロからイギリスのジャージー島へ渡るフェリーが出ているようです。

車ごと乗り込めると聞いたので、もしかしたら、このフェリーがそうなのかな?と。

ちなみに、サン・マロからジャージー島までは、フェリーで70分くらいだそうです。

その他にも、英国本土に渡るフェリーなどいくつかの航路があるようですね。

こちら↓のサイトで、航路の検索やチケットの予約ができます。

www.brittany-ferries.co.uk

サン・マロのビーチ

f:id:worldstamp:20140505173104j:plain

サン・マロは、フランスの高級リゾート地の一つ。夏場は大量の人が海水浴に押し寄せるとか。

我々が訪れたのは5月でまだまだ肌寒い気候でしたが、観光客の数もほど良く観光には最適ではないでしょうか。

以前、2月に訪れたこともありますが、冬は冬で趣はあります。

寒いのが苦手でなければ、冬に訪れるのも空いていてよいかもしれませんね。

 

旧市街からヨットハーバーを挟んだ対岸に、別荘らしき建物がずらりと並んでいました。

やはり、夏場は高級リゾート地という雰囲気になりそうです。

季節によって色々な風景を見られること間違いなし。

 

worldstamp.hatenablog.com